• トップページ
  • 製品情報
    • ポーラスアルミ材「METAPOR®(メタポール)」
    • - - -
    • シボ付ポーラスアルミ型「ESPOR®(エスポール)」
  • 用途
    • 金型
    • - - -
    • 真空吸着ステージ
    • - - -
    • 非接触浮上搬送ステージ
  • 会社概要
  • 最新情報
  • お問い合わせフォーム

用途 :: ポーラスアルミ金型

インジェクション型事例
「ポーラスSUS材METAPOR® ES240INOX」

ポ-ラスSUS(ステンレススチール)METAPOR® ES240INOXは、その微孔構造(φ18μm)による均一で優れた通気性と高い曲げ強さを有するSUS(ステンレススチール)材をベースにしたポーラス材で特に、インジェクション成形ブロー成形の金型やガス抜きに最適です。
また、真空吸着治具にも使用されます。

特徴

微孔構造により

  • CNC加工・磨き加工が可能
  • 穴あけ加工が不要
  • 均一で優れた通気性
  • マルテンス熱変形温度(DIN規格)240℃
  • 試作はもちろん量産用にも使用可能

用途

  • 金型:
     インジェクション成形・ブロ-成形用金型およびガス抜き、等々
  • 吸着テーブル:
     真空吸着治具、等々

製品寸法

縦 X 横:500 X 500mm ( -0 / +2.0mm)
厚さ   :15、30、50、80、100mm ( -0 / +0.5mm)

加工方法

加工前に必ず、板の両面をフライス加工して、微孔の塞がった部分を取り除いて下さい。
エッジアングルのカーバイト刃でのCNC加工が可能で通常のアルミ材より容易に加工できます。
ただし、加工時の微孔の穴詰まりを避ける為、冷却液を使用せず、ドライ加工を行なう必要があります。
また、サンドペーパーによる仕上げの際も、ドライ磨きが必須です。
水研ぎは避けねばなりません 。

接着・補修

3M社製の「Scotch-Weld DP760」接着剤での接合・補修をお奨めします。

貯蔵方法

油状等の液体との接触は避け、乾燥した場所で静置して保管して下さい。